あなたはどのタイプ?新しいことに取り組むときの3つのタイプとコツ。

日々のマナビ
あなたはどのタイプ?新しいことに取り組むときの3つのタイプとコツ。

もうすぐ4月ですね!
会社員の方は、そろそろ異動の内示があるころですし、4月から社会人になる方もいよいよ入社まで約半月となりました。

今日は、新人さん&異動で新しい業務に取り組む方に向けた記事です。
もちろん、仕事にかぎらず「新しい習い事」や「新しい趣味」を始めようとしている方にもオススメですよ!

新しくモノゴトを始める際、まず何をしますか?

新しいことに取り組むときの行動には、大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 人に聞く(相談する)
  2. 本を読む
  3. とにかくやってみる

あなたはどのタイプですか?
人によっては(1)〜(3)を同時並行で進める人もいますよね。

私は比較的「石橋を叩いて渡る」タイプなので、(1)と(2)を高速でやってみることが多いです。

人に聞く(相談する)コツ

私が誰かに相談したり、話を聞く際、相手は2タイプあります。

  1. 新しく始めることを既にやっている人
  2. メンターなど尊敬している人

1)は、仕事であれば、その職種に就いている同僚や、他社の友人に聞きに行きます。
例えば「4月から商品開発チームに異動になるんだけど、コツとか気をつけることってある?」という感じ。

趣味だったら「初心者がつまづきやすいポイントってある?」という感じです。

 

2)は、新しく始めることそのものについて聞くのではなく、
何かを新しく始めるとき、**さんならまず何をしますか?」というような質問をします。

主に仕事に関することになりますが、例えば「4月から初めて部下を持つことになったんですが、**さんが初めて部下を持たれたとき、まず何から始めましたか?」みたいな感じ。

1)と比較すると、具体的な方法論を聞くというより、マインドセットを共有してもらう形です。

本を読んで学ぶ際の「本の選び方」

私がいつも選んでいるのは3パターン。

  1. ページ数の少ない入門書
  2. そのジャンルで「定番」といわれる本
  3. 最近話題になっている本

新しいジャンルのことを学ぶ際、最初にオススメしたいのが「全体感をつかむ」ことです。

そのためにも(1)は最適。
全体感をつかむ、といっても知識のないジャンルについて、いきなり分厚い本を読むのはキツいです。内容が入門的なものでも。

「ざっくりわかる」程度でOKなので、ページ数の薄い本を探しましょう。
Amazonなどオンライン書店で探すなら「**(学びたいジャンル) 入門」や「** 基礎」というキーワードで検索してみてください。

最近だと(2)の定番本のコミックス版も入門書にあたります。

例えばこんな本です。

続いて「定番の本」の選び方。
1)でざっくり全体像はつかめているので、自分がそのジャンルのどの部分を学びたいのか?がボンヤリと見えている状態です。

例えば、マーケティングなら、リサーチよりコンテンツマーケティングについて学びたい。
コミュニケーションなら、雑談ができるようになりたいのではなく、聴く力を身に着けたい、というような感じです。

定番本はたくさんありますが、初版から10年以上経っている&今でもAmazonで100〜200位以内に入っているのが目安です(私の場合)

最後は「最近話題になっている本」です。
ベストセラーを読め、というわけではなく、あくまで学びたいジャンルに関連する新刊にも目を通しておく、ということ。

コレに関しては、時間に余裕があれば、で大丈夫です。
書店に行って、学びたいジャンルの本のタイトルを眺めるだけでも、ある程度のトレンドはつかめるはずです。

 

とにかくやってみる、というのもアリだとは思いますが、特に仕事では早期に結果を求められることも多いはず。

まずはやってみる→失敗した点を振り返って改善点を見つける→改善点を盛り込んでやってみる→新たな課題にぶつかる……といういわゆるPDCAを高速で回せるならOKですが、そうでないならば上記で紹介してきた「人に聞く」「本を読む」と組み合わせていくのがオススメです。


■編集後記■

3月から新しい業務に就くことになり(転職ではなく社内異動的なことです)、大急ぎで学ばなければならないことがたくさんあるので、自分の学び方を振り返るためにまとめてみました。

私の場合、全く新しいジャンルのことを勉強するときは、まず本を読むことから始めることがほとんど。
なぜなら、周りの人に聞くにしても「何が分からないか分からない」から。

あとはいかに高速で学びのサイクルを回すか?ですね。私もまだまだ精進せねば!