第一印象ですべてが決まる!?『90秒で好かれる技術』ニコラス・ブースマン

本のマナビ
第一印象ですべてが決まる!?『90秒で好かれる技術』ニコラス・ブースマン

本日ご紹介するのは、コミュニケーションに関する本。
版元はお馴染み、Discover21社さんです。

本書を読もうと思ったキッカケ

さて、皆さんは初めて会ったヒトのどこを見て、
「あ、この人とは仲良くなれそうだな」
とか
「何だか気難しそうで苦手だな……」
と判断していますか?

ワタシは仕事上、キャリアカウンセラーとして常に初めてのヒトにお会いして、転職という、場合によってはデリケートな話を伺っています。

仕事なので、もちろん分け隔てなくお手伝いはしますが、それでもやはり「波長が合うな」というお客様もいれば、「何となく苦手だな…」と思ってしまうお客様がいるのが人情ってモノ。
(もっとベテランのカウンセラーさんだと、そんなことはないかもれませんけど)

反対に、お客様の側でも、特に退職理由がネガティブなモノだったり、言いにくいことだったりする場合、初対面であるキャリアカウンセラーに、どこまで話して良いものか、不安なはず。

だったら、キチンとサポートさせていただくためには、ワタシに対して、少なくとも警戒心を解いていただかなくちゃならないし、嫌われないようにしなくちゃなりません。

※もちろん、あえてキビシイことを言って嫌われる、という場合もあります。「初対面」に限ったハナシだとお考えください。

というわけで、本書を手にとってみました。

当たり前のこと、できてますか?

本書には別段、小難しいことが書いてあるわけじゃありません。

一例を挙げてみると、

  1. 人と会ったら、相手の目を見てほほえむ。
  2. 相手と同じことをする。
  3. イマジネーションにはたらきかける。

という感じ。

(3)はちょっと説明が必要だけど、(1)と(2)はそんなに難しそうじゃないですよね。

では、それを実践できていますか?

 

本書に限らず、あらゆる本に共通することですが、「知っている」「解っている」のと「できる」の間には、大きな大きな溝があります。
そのことを、無意識に「できる」ようになってはじめて、「知っている」「解っている」と言えるのではないでしょうか。

すぐに実践したい3つのポイント

それでは、具体的に幾つかのテクニックを見ていきます。
今回はワタシが日ごろ意識していること・本書を読んでぜひ実践してみようと思ったポイントに絞ってみました。
(それ以外のポイントは、文末の目次および本書を参照ください)

声の特徴を同調させる

相手の声に同調すると、相手と対面している状況だけでなく、たとえば電話で話をしている場合のように声を聞くことしかできない状況でも、無意識のうちに親近感が湧いてくる。
相手のムードやエネルギー、話すペースに合わせてみよう。
こうした声の特徴は、話すスピード、声の高さやトーン、声量からくるものだ。

声の同調は、ワタシが日ごろから意識していることの一つ。
会社やカウンセラーにもよると思いますが、ワタシは基本的に初回の面談以降はあまり再面談をすることがありません(新卒のお客様は除く)。

基本的にはメールや電話でのやり取りになるので、会社の電話の横には大きめの鏡を置いています。
電話をする時は、常に鏡を見て、口角を上げながら話すように心がけています。

個人の”ビッグアイデア・ステートメント”を定める

どこか邪魔の入らない場所を見つけて、メモとペンを用意し、ウォーミングアップのためにいくつか自問してみよう。
「煎じ詰めれば、私の仕事とはいったい何か?」「私の会社/仕事/作業/キャリアの存在理由は?」(中略)「私の仕事について私が大切だと思うことは何だろう?」
あなたの答えから手がかりになる言葉に注目し、それを使って次のレベルに進む。あなたの本質的価値や、あなたがわくわくするようなことが見つかるまで、これを繰り返す。

”これからやりたい仕事”にふさわしい服装をする
「今の仕事ではなく、これからやりたい仕事にふさわしい服装をしなさい」

「ビッグアイデア・ステートメント」の作り方の後には、「10秒コマーシャル」の作り方も具体的に解説されていたので、さっそく作ってみることにします。

ちょうど数ヶ月後に、初対面のスゴい方々とお会いする機会をいただいたので、ちょうど良い実践の場になるかなーとワクワク。

 

本書には様々なテクニックや心構えが掲載されています。
どうやって身につければいいか分かんないよ…と思っても大丈夫。

各章の最後に、実践のためのエクササイズが付いていて、かなり丁寧に解説されています。
あとは「やるかどうか」、つまり自分次第ってことですね!

全部で25のエクササイズがあるから…1ヶ月に2エクササイズずつ実践したとして、約1年後には「90秒で好かれる人」になれるかも!?


■編集後記■

(2015/12/3追記)
踊るOL。」から移行する際、当時の編集後記を読み返して、あまりに拙かったので書き直し(笑)

本書を読んだのは3年半前なんですが、転職で仕事が変わっても大切な内容だなと感じます。
読書メモを読み返してみましたが、本書も再読してみようかな。

<目次>
はじめに
第1章 “社交の天才”マルドゥーンの教え
第2章 相手の心のガードを解除しよう
第3章 非言語コミュニケーションの「ABC」を意識しよう
第4章 好感をもたれる脳の言葉を使おう
第5章 相手の感覚に合わせよう
第6章 あなたと相手のパーソナリティタイプを知ろう
第7章 あなたの本質をひと言で伝えよう
第8章 自分にふさわしいスタイルを見つけよう
第9章 コミュニケーションの回線をひらこう
第10章 質問と”おしやべり”の技術を身につけよう
第11章 相手の関心を惹くアプローチを見つけよう
第12章 マルドゥーン再び~優れたコミュニケーターの秘密
第13章 ショーは続けなくてはならない
あとがき