Toodledo User Meetup 兼 『Toodledo「超」タスク管理術』出版記念オフ参加レポ

人からのマナビ
Toodledo User Meetup 兼 『Toodledo「超」タスク管理術』出版記念オフ参加レポ

さて、今日はべっくんコト北真也さん(@beck1240)と、タスク管理といえばこの方!な佐々木正悟さん(@nokiba) の共著本の出版記念イベントに行ってきました!

そもそも、「Toodledo」ってなんぞや?という方も多いと思います。

ざっくり言うと、ToDoリストの高機能&オンライン版です。

  • 繰り返しタスクの設定がカンタン
  • 今日のタスク以外は見えないようにできる(集中するため)
  • 優先順位をつけて並び替えられる
  • 時間を見積もることができる
  • プロジェクト管理ができる(プロジェクト毎にToDoをまとめられる等)

などなど、盛りだくさんな機能があります。

でも、実はあまり日本では浸透していません。
なぜなら、「日本語版が無いから」

ワタシの周りにはタスク管理の鬼・マニアが山のよーにいるので(笑)、Toodledoユーザーも多いのですが、たぶん一般的に知っているヒトって、すごく少ないと思います。

本書は、そんな「一見とっつきにくい」Toodledoの使い方・活用法を丁寧に解説した本だそうです!(ゴメン、まだ読んでない……)

ワタシ自身、Toodledoのアカウントは持っているものの、無料アカウントのままだし、会社ではTaskChute2を愛用しているし、使いこなしているとは全然言えません。

なので、今日は「Toodledoといえばこの2人!」なべっくん&佐々木さんに、がっつりお話を伺ってきましたよ!

<今日のアジェンダ>

  1. 『Toodledo「超」活用術』の著者挨拶
  2. 佐々木流Toodledo活用術
  3. 北流Toodledo活用術
  4. 質疑応答など
  5. 交流会

佐々木さんPart

私はハト
というのが、今日のプレゼンのタイトルでしたw

さすが仙人!意味がわかりませんww

佐々木さんにとって大切なのは、

  1. まず繰り返す
  2. (対象行動を)強化する
  3. やって良かったことを増やす

というサイクル。

Toodledoを使ってタスクをこなし、振り返る際(=週次レビュー時)には星マークを付けるそう。
☆=良かったこと
★=悪かったこと で、MAX5つ

 

このログを週次でキチンと振り返ることによって、★を減らし、☆を増やすような行動を取るよう意識されているとのことです。
そうすると、イヤなことが減って、イイことが増える人生になる、と。
(どういう仕事を、どんなヒトと一緒にやれば気持ち良くできるか?が分かる)

ざっくりまとめると、佐々木さん≒仙人という認識が、より強化された講演でしたw

べっくんPart

べっくんは、7Habits×GTD with Toodledoというタイトルでのプレゼン。

過去の著書でも出てきたマニアックなタスク管理フローを紹介。
今日は2011年ver.まで紹介していたけど、2012年ver.もあるとのこと。
ブログで公開してくれないかなー。

短時間の中にものすごく情報が盛り込まれたプレゼンでしたが、一番印象に残ったのが目的とミッションの関係について。

ただ目標を立てればいいわけではない。
ミッション(=欲求)を明確化することによって、立てた目標や行動計画と欲求の間で整合性を取ることができる。

「見栄えのいい目標」を立てても、それが自分の欲求=ミッションと合致していなければ意味がないってことですよね。

 

べっくんのスゴいところは、様々なワークフローやらリストやら運用サイクルをキチッと設計し、運用「し続けている」ところだと常々感じています。

今日も、

  • GTDと2つのリスト(タスク管理にGTDの考え方をMixする)
  • 7Habits × GTDの運用サイクル
  • 7Habitsのワークフロー

などが登場。コレにひかない参加者の皆さん、結構ヘンですよw

 

なかなかToodledoの話が出てこないなーと思っていたら、最後のほうで出てきました。

べっくんは会社でToodledoが使えないため、1日の始めにその日のタスクを全て「ほぼ日カズン」に書き出しているそう(コレもスゴいと思う。ワタシだったら面倒で続かない……)

ペルソナ(自分の役割)毎にタスクを収集し、締切日を設定
 ↓ 
カレンダービューで実行タイミングを設定

というGTDに準じた使い方をしているとのこと。
カレンダービューは使ったことがなかったので、なるほどー!となりました。

さっそく使ってみよっと(その前に本を読まなくちゃ!)


■編集後記■

1次会でだいぶお腹いっぱいだったんですが、2次会は念願の「はが屋」へ!
わーい、ようやく入れた!(いつも満席で、外からジッと見つめる日々だったのです)

悔やむべきは満腹すぎて全然料理が食べれなかったこと。。うう、リベンジしたい。