【イベントレポ】さえりさん出版記念イベント! #甘やかしナイト /Discover Book Bar5月

人からのマナビ
【イベントレポ】#甘やかしナイト/Discover Book Bar5月

今日は先日ご紹介した『今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ』の著者、さえりさん(@N908Sa)が登壇するイベントに参加してきました。


やさしい気持ちになれる本 『今日は、自分を甘やかす』夏生さえり

【Discover Book Barとは】
Discover Book Bar は、ディスカヴァーのすべての本がそろうライブラリーで、ドリンクを片手にゲストの話を聞き、参加者の皆さん同士で交流するイベントです。

Book Barには過去に何度も参加していますが、今日のように開場前から人が集まってくるのは初めて!
D21社さんのセミナールームでやるイベントとしては、過去最高の集客&出席率かもしれません……!

イベントが始まり、さえりさんが登場すると会場がちょっとざわつきました。
近くにいた若い女性は、思わず、という感じで「わーほんものだ」とつぶやいましたし、Twitterでもたくさんの反応が。

「人にちょっとしたHappyを届けたい」

今日はイベント用にTwitterで「#甘やかしナイト」というハッシュタグが用意され、それぞスクリーンに映しながらのイベントでした。

本で語られなかったエピソードを交えつつ、タイムライン(以下、TL)に流れてくるTweetにツッコんだり、会場で集めたアンケートの質問に答えていくさえりさん。

そんな彼女が仕事をしていくうえで一番大切にしているのが「人にちょっとしたHappyを届けたい」ということだそう。

ふんわり柔らかい雰囲気をもっているさえりさんですが、実は「頑張りすぎてしまう性格」とのこと。

つい頑張り過ぎちゃうんです。
疲れている自覚はないんだけど、(疲れが)溜まってっちゃう。
ストレスの発散方法が下手なんです。
すごく細かい切り絵をしたり、すごく細かい線画を描いたり。
あとは豆苗を1本ずつ切るとか(笑)
パーッと発散するタイプじゃないから「わー発散された!」って感じにならないんです。

本のあとがきに出てくるエピソードで、本には書かれていなかった当時のことを話してくださって、こんな風にちゃんと自分の気持ちを言語化できるのはステキだなと思いました。

がんばり方が違うだけ」とさえりさんもおっしゃっていましたが、人それぞれ個性があってもいいですよね。

高田純次さんで盛り上がる

今日のイベントで一番盛り上がったのは、高田純次さんのエピソード(ご本人ではないですが)。

緊張したときによく、手のひらに「人・人・人」って3回書いて飲み込むおまじないがありますよね。
「人」の代わりに「高田純次」って書くと気が緩むんだそうです(ちなみに漢字で書いていたそうですよ笑)

さえりさん
頑張りすぎていることに気づいていない人もいっぱいいるだろうな。
そういう人にもこの本が届いてくれたらいいなーって思っています。

雨の日を嬉しく思う自分でいたい

さえりさんはプロフィールに「雨が好き」と書いていらっしゃるんですが、その理由がステキでした。

心がカサカサしてると、雨の日にユーウツになっちゃうんです。
雨の日がどんより見えちゃう日って、雨自体は変わらないものから、きっと自分の気持ちがどんよりしちゃってるんですよね。
だから、いつも雨の日を嬉しく思える自分でいたいなって。
(一言一句そのままではないですが、こういうニュアンスのお話でした)

別に好んで雨の日に外に出たいわけではなく、部屋の中で雨の音を聴くのが好き、とおっしゃるさえりさん。

本書の装丁も雨をイメージしており、エンボス加工でしずくが書かれていたりするそうですよ!

 


本のカラーに合わせたスペシャルカクテル☆

今日のスペシャルドリンクも鮮やかなブルー!


■編集後記■

この手のイベントってなかなか質問が出なかったりするんですが、Twitterと紙のアンケートにたくさんの質問があって、なるべく多くの質問に答えようとされていたさえりさんの姿が印象的でした。

イベント後のサイン会も長蛇の列が!
1人1人丁寧に向き合っていて、来場者と2ショットで写真を撮ったり、大盛況でした。

Twitterを見ると、参加者の方々も大満足だったようです。

私もちゃっかりサインいただきました〜♪


2ショットも!

さえりさん、お疲れさま&ありがとうございました!